質問:当社は中小企業なので、専門業務以外にも割り振る仕事がありますが、問題ないでしょうか?

解説:

前職が大企業だった場合、この質問を投げかけられることがあります。

この質問をする意図は、「応募者が、大企業と同じような感覚で働けると勘違いしていないか?」という認識を確認することです。

大企業の場合、仕事が細分化されていますので、一人一人の社員は、専門特化した業務に従事していることが多いですし、そのための環境も整っています。

しかし中小企業の場合、一人一人の社員がカバーする範囲は圧倒的に広くなります。

業務システムの効率化も大手企業ほどは進んでいませんので、人力に頼る場面も増えます。

このギャップを認識していないと、大企業から転職してきた人は「これは私の仕事ではないですよね」という態度をとってしまう傾向が強いです。

これでは、職場でトラブルの原因にしかなりません。

結果として、このような応募者は敬遠されてしまうことになります。

●模範解答例

特に問題はないと認識しています。

前職は、企業規模に比較してスタッフ部門の人数は非常に少なく、一人の社員が多くの役割を担っていました。

私自身も、経理と人事を両方兼ねており、幅広い業務を遂行した経験があります。

知っておくと採用に近づくポイント:
1.専門外の業務でなくともこなせることをアピールしましょう。
2.前職で担当以外の業務をしてきた経験があれば、エピソードとして付け加えると説得力が増します。

●ダメ回答例

できる範囲でこなしたいと思います。



« | »