質問:通勤時間が長いようですが 解説: 履歴書には、通勤時間を書き入れる欄があります。 この通勤時間が長いと、実は企業側は採用に慎重になってきます。 なぜかというと、まず支給する交通費の問題です。 通勤する本人にとっては給与という意識
質問:給与の希望額はありますか? 解説: 給与の希望額を聞かれる質問ですが、ここで本当の希望額を言ったとしてもその額がもらえるわけではありません。 非現実的な金額を告げると常識を疑われますので、注意しましょう。 回答の手順としては、まず
質問:いつから出社できますか? 解説: この質問が出てきたら、面接官の判断が採用する方向に傾いていることが多いです。 あと一押しですので、頑張りましょう。 さて、この質問は、在職中の転職活動をしている人にされることが多い質問です。
質問:この職種は未経験ですよね。給与は、新卒と同じ金額からスタートになりますが、それでも大丈夫ですか? 解説: 年齢給の定めがなく、職能給だけで給与水準を決定している会社の場合、未経験の職種に就く社員の給与を新卒と同ランク、つまり最低基準におく場合
質問:当社は全国に支店があるので、転勤してもらうこともあるけど大丈夫でしょうか? 解説: 幅広い地域に支社や支店がある企業の場合、必ず聞かれると言っていい質問です。 模範的な回答は、「転勤は全く問題ありません」となります。 しかし、本当
質問:前職をすでに退職済みなのに、どうしてすぐ出社できないのですか? 解説: すでに会社を辞めているにも関わらず「入社可能時期は1ヶ月後です」といった回答をした場合に投げられる質問です。 採用する側としては、退職しているのだから、明日から出社
質問:契約社員からのスタートになりますが、大丈夫でしょうか? 解説: 正社員の求人に応募したのに、面接の場で急に「契約社員でも良いですか?」と聞かれた・・・ このような事態は、結構起こります。 正社員と書くのと契約社員と書くのでは応募者
質問:当社では、業務を理解していただくため、新入社員は全員営業職からのスタートとなります。それでも大丈夫でしょうか? 解説: 少し警戒した方がよい質問です。 事務職など、人気が高い職種で募集しておき、いざ面接の場では違う職種(今回の質問例では
質問:繁忙期は休日出勤をしてもらうこともありますが、問題ありませんか? 解説: このような質問に対して、「できません」という回答はタブーです。 その回答だけで不採用に大きく傾いてしまいますので、本心はともかく、「大丈夫です」と答える必要があり
質問:お子さんが小さいようですが、パート勤務の方がよいのではないでしょうか? 解説: 小さな子供がいて、フルタイム勤務に応募した場合によくされる質問です。 会社は本音では、子供が熱を出したなど、急に休むリスクが高い応募者はできる限り正社員採用