面接で必ず聞かれる、いわゆる定番質問というものがあります。

これには「職歴」「志望動機」「退職理由」「自己PR」があげられます。

これらは出ることが決まっている試験問題のようなものですから、前もってしっかりと対策をしておくべきです。

まず、「こういった質問にどのように答えると面接官から高評価を得られるのか?」
という視点からスタートします。

「職歴」では、今まで経験した仕事をだらだらと時系列で述べる人がいますが、これだと話にメリハリがなく、聞いている面接官も退屈だと感じるだけです。

ではどうするか?

応募企業が重視する職歴と合致する職歴を強調して話さなければなりません。

こうすることで、面接官に「当社で必要とされる能力と経験を持っている」と印象づけることが可能になります。

「退職理由」は、ネガティブな回答は絶対に避けなければなりません。

「上司が信用できなかった」「仕事にやりがいを見出せず辞めた」といった回答をした場合、「また同じような不満を抱いて辞めるのでは・・・」という不安を抱かれてしまいます。

特に、人間関係を理由とした退職は極端なマイナス評価になります。

会社を辞める理由は複数あるのが普通ですから、人間関係を持ち出すのは極力避けるべきです。

こういった「現状から逃げたいから辞めた」というネガティブな理由よりも、「自分が目指す理想像に近づくため、次のキャリアを積む必要性を感じた」といった前向きな理由の方が断然、評価は高くなるのです。

「志望動機」は、自分がしたいことを述べるとともに、同時に転職先にどのような貢献ができるかを交えて述べるのが高評価を得るコツです。

「自己PR」は、職歴同様、面接官の目をひく項目を重点的にアピールする方が印象に残りやすく有利です。

よく、アピールポイントが多い方が有利だと勘違いして長々と自分を語る人がいますが、逆効果ですので注意しましょう。


| »